芝生のエアレーションとは

我が家に芝生を張って約4ヶ月。日々の手入れの甲斐あって順調に育っています。

今日ははじめての芝生のエアレーションにチャレンジしました。

芝生のエアレーションとは芝生にとって大切な更新作業のひとつ。

簡単に言うと地面に穴を開ける作業ですが、その効果は非常に大きいようです。

 

芝生は一度張ってしまうと、その下の土を耕すことができません。

人が芝生の上を歩くことによって地面は踏み固まり、芝生にとって育ちにくい環境になっていきます。

エアレーションとは専用の道具を使って地面に穴を開ける作業です。

それはどんな効果があるのでしょうか?

 

芝生のエアレーションの効果

通気性の改善&病気予防

地面に穴を開けることによって通気性が良くなり、芝生の根に空気が行きわたるようになります。

土の中の微生物(バクテリア)の働きも活発になり、病気の予防になったりサッチの分解を促進します。

 

芝生の根切り

古い芝生の根を切る効果があります。芝生は根を痛めらることでより成長が活性化します。

より根切りの効果を出すにはエアレーションだけでは不十分でスライシングという作業が必要です。

 

透水性の改善

土に穴を開けることで水はけが良くなります。水はけが悪いと芝生の根に十分に水が行き届かないので成長の妨げになります。

エアレーションにより水はけを良くして成長を促進する効果があります。

 

と、こんな感じです。

エアレーションと言ってもその方法にはコアエアレーションスパイキングの2つがあります。

コアエアレーションとはローンパンチという中空になった刃を地面に刺して直径1cmほどの小さな穴を開けます。

スパイキングと比べて大き目の穴が開き、エアレーション効果は大きいのですが、空いた穴に目土を入れる手間があります。

スパイキングとは、ローンスパイクというカッターの刃のような刃先を地面に刺します。穴が小さいのでその後の処理が必要なく、手間がかかりません。

 

さて、私の庭は芝生を張って初年度だと言うこと、今のところ順調に育っていることを理由にあまり手間のかからないスパイキングにすることにしました。

さっそく道具を買いにカインズホーム佐倉店へ。

カインズオリジナルのローンスパイクが980円で売っていたので早速購入!

実物はこちらです。

ローンスパイク

足で土に刺していくのですが、体重をかければすぐに土に刺さるので思ったほど大変ではありませんでした。

庭の隅から等間隔で穴を開けていきます。

芝生のエアレーション

芝生の色が少々悪い部分はやはり土が固くなっていたようでちょっと力を入れないと刺さりませんでした。

 

刺した後の芝生の様子はこんな感じです。

エアレーション後

穴はほとんど目立ちません。

15坪ほどの庭でかかった時間は約30分ほどでした。

 

エアレーションに適した時期については様々な情報があります。

芝生が弱っている真夏を避けて春が適しているという説と、根を痛める作業なので最も成長が盛んで回復の早い真夏が適しているという説があります。

どちらが正しいかわかりませんが、エアレーションはすぐに効果が出るものではなく、ジワジワと効果が出るものです。

芝生の状態が悪くなる前、順調なときこそやっておく方が良さそうです。

 

続く・・・。

アンケートにご協力をお願いします!

芝生を愛するあなたに役立つ情報を配信していきたいと思っています。 今後の記事執筆の参考にさせていただきますのでアンケートにご協力をお願いします。


いかがでしたか?
この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンをクリックして投票いただけると励みになります。




本日のランキング応援クリックありがとうございました!

One Response to “芝生のエアレーションとは”

  1. 大島 耕而 より:

    千葉市在住の大島と申します。
    13坪程の庭に姫コウライを植えてます。一昨日、最後の芝刈りと除草を実施しました。
    本日、芝の根切りについてお伺い致したくメールを差し上げました。
    毎年、春先(2~3月)に実施してますが、12月での実施は如何なものでしょうか?
    ご教示頂ければ幸甚です。

    宜しくお願い致します。

大島 耕而 へ返信する

サブコンテンツ

管理人

管理人のシバオ

管理人:シバオ

芝生に魅せられた週末ガーデナー。自分の経験から得た知識や失敗談など芝生を育てるノウハウをわかりやすく解説します。

いつも応援の一票ありがとうございます。

お問合せ

必ず返信します! 質問や相談などお気軽に メールをください。

お問合せ

メルマガ登録


 

このページの先頭へ